交通インフラWEEK 2019に出展します

株式会社リオスは、2019年4月17日から開催される「交通インフラWEEK2019」でバス・トラック運行の安全性・効率性の向上を支援する専門展示会「第4回バス・トラック運行システム展」に出展します。


【株式会社リオス出展内容】
・点呼・健康管理システム「点呼・健康:ご安全に!
・バスロケーションシステム「Bus-Vision
・スマートバス停
・AIドラレコ映像解析「DR-Vision


【交通インフラWEEK2019 第4回バス・トラック運行システム展外部リンク

開催日時:2019年4月17日(水)~19日(金) 10:00~17:00
同時開催:「第4回駅と空港の設備機器展」, 「第2回駐輪・駐車場システム・設備展」
会場:幕張メッセ外部リンク
主催:一般社団法人日本能率協会
展示規模:70社/100ブース
弊社ブース位置:7E-09

2018年度のオープンデータ・ビッグデータに関する優れた取り組みとして弊社が表彰されました

2018年7月27日より弊社はバスロケーションシステム「Bus-Vision(バスビジョン)」における現在地等のリアルタイム情報を、商用のバスロケーションシステムとしては全国で初めてオープンデータとしてインターネット上で一般公開しました。
この取り組みがVLED(一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構)が主催する「2018年度のオープンデータ・ビッグデータに関する優れた取り組みの表彰」において「貢献賞」を受賞しました。

 

〇一般社団法人オープン&ビッグデータ活用・地方創生推進機構
 「2018年度のオープンデータ・ビッグデータに関する優れた取り組みの表彰」外部リンク

 

※2018年8月7日のお知らせ
 バスロケーションシステムのGTFSおよびGTFSリアルタイム対応

『バス事業改善プロジェクト』の論文を公開しました

Bus-Visionの運行実績データの分析を元にバス事業の品質向上を図る『バス事業改善プロジェクト』の論文を掲載しています。バス事業改善プロジェクトの詳細は、「両備グループプレスリリース外部リンク」をご参照ください。

 

○論文ダウンロード
バス事業改善プロジェクト

 

○リオス バスロケーションサービス
「Bus-Vision」

バスロケーションサービス:Bus-Visionのお客様インタビューページを追加しました

バスロケーションサービスの導入事例として、Bus-Visionをご利用いただいている船橋新京成バス株式会社様、松戸新京成バス株式会社様のご協力によりインタビューページ 「事例紹介インタビュー:Bus-Vision」を作成しました。
Bus-Visionを選んだ理由、今後の課題などお客様の声を掲載しています。

Bus-Visionとは、バス車両に搭載した車載機と通信することで、現在位置や到着予定時刻の情報をリアルタイムにお客様にお知らせできるサービスです。

○新京成電鉄株式会社 ホームページ
https://www.shinkeisei.co.jp/bus/外部リンク

○リオス バスロケーションサービス
「Bus-Vision」

物流Weeklyでリオス「点呼・健康:ご安全に!」が紹介されました

2018年12月04日の物流Weeklyでリオス「点呼・健康:ご安全に!」が紹介されました。 「点呼・健康:ご安全に!」とは、ドライバーの始業点呼時に健康状態を確認・管理するシステムです。



○物流Weekly
リオス 運行管理者をサポート「点呼・健康:ご安全に!」外部リンク


○リオス  点呼・健康管理システム
「点呼・健康:ご安全に!」

バステク in 首都圏に出展しました

2018年11月2日、リオスは「バステク in 首都圏」に出展しました。

○バステク in 首都圏
開催日時:2018年11月2日 10:00~16:00
場所:幕張メッセ屋外展示場(第1会場)/千葉県千葉県管理地(第2会場、隣地)
URL:http://www.portepub.co.jp/tour.htm外部リンク

出展内容は、以下の通りです。
□点呼・健康管理システム 「点呼・健康:ご安全に!
□AIによるドライブレコーダー映像解析サービス「DR-Vision
□GTFSのご紹介「バスロケーションシステムのGTFSおよびGTFSリアルタイム対応
□次世代バス停「スマートバス停」

「スマートバス停」の関心度が非常に高いことが分かりました。今後サービス展開できるよう取り組んでまいります。

物流Weeklyでリオス「バース管理システム」が紹介されました

2018年10月26日の物流Weeklyでリオス「バース管理システム」が紹介されました。
バース管理システムとは、倉庫や物流センターでトラックを自動誘導するシステムです。

○物流Weekly
リオス ICTでシステム管理「バース管理システム」外部リンク

○リオス バース管理システム
駐車場管理システム「IT-Parking」:活用事例 トラックバース管理システム

タグ:

「点呼・健康管理システム」、「バース管理システム」が 日本倉庫協会の物流関係パッケージソフトに掲載されました

リオスの『点呼・健康管理システム「点呼・健康:ご安全に!」』、『バース管理システム』が日本倉庫協会の物流関係パッケージソフトに掲載されました。

日本倉庫協会 点呼・健康管理システム「点呼・健康:ご安全に!」
https://www.nissokyo.or.jp/package/details/193.html外部リンク
リオスのサービスサイトはこちらになります。
点呼・健康管理システム「点呼・健康:ご安全に!」

日本倉庫協会 バース管理システム
https://www.nissokyo.or.jp/package/details/194.html外部リンク
リオスのサービスサイトはこちらになります。
トラックバース管理システム

駐車場管理システム:IT-Parkingの活用事例として、トラックバース管理システムの紹介ページを追加

駐車場管理システム:IT-Parkingの活用事例として、「トラックバース管理システム」を追加しました。

トラックバース管理システムとは、工場や倉庫、商業施設などの荷降ろし用のトラックバースにおいて、在車判定を行い、表示機やドライバー等に自動で連携し、荷降ろし作業の効率化を実現するサービスです

バスロケーションシステムのGTFSおよびGTFSリアルタイム対応

自社開発の商用バスロケーションシステム「Bus-Vision(バスビジョン)」における現在地等のリアルタイム情報の提供サービスを2018(平成30)年7月27日より開始しました。
これらのデータは、標準的な形式(「標準的なバス情報フォーマット」*1および「GTFS-Realtime」*2)により、コンテンツプロバイダ向けへの提供と同時に、オープンデータとしてインターネット上で一般公開しています。商用のバスロケーションシステムによる標準的オープンデータの公開は当システムが全国初となります。
詳しくは、「両備グループプレスリリース外部リンク」をご参照ください。

*1 公共交通の世界的な標準形式「GTFS(General Transit Feed Specification)」を拡張した国土交通省制定の形式
*2 GTFSと連携したリアルタイム情報の形式

(参考)
 オープンデータダウンロード:
 https://loc.bus-vision.jp/ryobi/view/opendata.html外部リンク
 Bus-Vision(バスビジョン)
 https://www.rios.co.jp/product/products_mover/product_busvision/外部リンク
 国土交通省 標準的なバス情報フォーマットについて
 http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo12_hh_000109.html外部リンク

【サービスに関するお問い合わせ】
 株式会社リオス 移動体ビジネス事業部 担当:谷口、平田
 TEL:086-200-1155