両備グループとは

両備グループは1910年に現在の岡山県岡山市に西大寺鐡道として創立しました。
以来、100年を越える歴史の中で水平に垂直に事業展開を進め、現在は約50社、従業員数約9,000人を擁する企業グループとなっています。

創始者の理念

真心からのおもいやり
経営理念「忠恕(ちゅうじょ)」は、100有余年の両備グループの歴史の中で脈々と受け継がれてきた創業者の思いです。真心からの思いやりを意味し、私たち両備グループの社員が仕事を進めていく上での大切な尺度になってます。

両備グループの経営理念

  • 資本
  • 経営
  • 労働

マークの中央の円は、企業の公共性を表し固い絆で結ばれた3つの円弧「資本」「経営」「労働」が三位一体となって調和、発展する両備の理念を表現しています。
この経営理念はグループ会社共通の考え方です。

われらの誓い

正義
労使共栄の旗を高く掲げ

教育
自らを厳しく律し能力資質を高め

生産性
やる気一杯業績の向上を図り

使命
豊かな人間性で職業奉仕の実をあげる

両備グループ経営方針

一.社会正義
会社は公器であることを自覚し、目先の利益に囚われない、社会正義に則った業務によって地域貢献を行う。

一.お客様第一
お客様のことを第一に考え、成すべきことを成す。

一.社員の幸せ
サービスを提供する側から幸せを感じていないと、お客様がそのサービスを受けて幸せを感じるはずはありません。
社員が幸せを感じる環境こそ、お客様の幸せに繋がります。