トップ > 製品・サービス情報 > 運行安全管理

運行安全管理

体温計や血圧計といった健康機器と、タブレット端末を連携して始業点呼を行うシステムです。
これまでの主観的な始業点呼とは違い、乗務員の健康状態を客観的に判断することが可能になります。
魚眼レンズ、画像処理装置、Gセンサーを車両に設置し、車がブレーキを踏んだ直後の「ヒヤリハット」情報画像を走行している車から無線で伝送します。
このデータをある一定期間に渡って長期的に収集・分析することにより、その要因分析や教育資料として役立てるシステムです。
大画面ディスプレイを利用して安全運行意識の向上・伝達事項の見える化を支援するシステムです。
デジタルタコグラフ(デジタコ)
常に車両の挙動を記録し続け、運行上の様々なサポートや分析が可能となります。
ドライブレコーダー
事故を起こした際の音声や映像を保存することにより、トラブルの早期解決と事故再発の防止に役立ちます。
アルコール検知器
呼気中に含まれるアルコール濃度を計測します。 安心・安全な車両の運行を実現するため、多くの運輸・交通事業者様に導入いただいています。 点呼時の人の手による確認作業をなくし、より正確で安全な運行を提供します。