調査員さんがらくらくお宅訪問

  • おかげさまで導入実績日本一

    高度な地域分析で街を元気に!
    国勢調査のみならず、経済センサスにも対応しています

システム概要

国勢調査・経済センサスの準備部分を効率化

RIOS-CENSUSは調査員・基本単位区・調査区の管理、配置、印刷を手軽に行うことのできるシステムです。
統計業務の効率化・省力化・正確化を図り市民サービスの向上を図ります。
また、調査結果の高度な地域分析を行い、将来の行政施策指針として有効活用していくことができます。
例えば、基本単位区別の調査結果を元に任意地域毎の集計を行い、施策計画業務への反映も可能です。

コンピュータ出力方式により生成されるCMSデータおよび調査区一覧表FDデータを取り込むことで、システムデータ(基本単位区、調査区ポリゴン)を簡単に作成できます。
ポリゴンデータのメンテナンスも容易です。

CMS…基本単位区をベースとした地図情報と統計情報を統合処理するために総務省統計局が開発した地理情報システム(Census Mapping System:CMS)
調査区一覧表…各調査区の所在地、地域特性等、調査区の属性を記載したもの。

特長

システムを用途に合わせて導入可能

システムはもちろん買取導入もできますが、システムをレンタルし、導入することが可能です。
3種類のパッケージからシステムをレンタルすることができるので、導入費用を抑えることができます。

住宅地図の切り貼り不要

調査区を調べ、地図をコピーし、調査範囲を切り抜きして貼って、コピーして調査員に渡すという作業に膨大な時間と手間がかかっていませんか?
システムを導入することにより、システムがすべて自動で行います。
国から配布されるCMSデータを読み込むだけで基本単位区を制作できます。
そこから調査したい場所を地図から選んで印刷するだけで完成するので、切り貼りの作業や、調査漏れなどがありません。

機能紹介

調査員の管理が簡単

調査員自動配置

目標物・自宅付近など任意の場所を条件として指定することで、調査員を自動で配置できます。また、1人あたりの最大調査区数も設定できます。
自動で配置を行うことができるので、二重配置や配置漏れなどのミスをなくすことができます。

調査員の情報管理

調査履歴や表彰履歴を管理が簡単に登録可能。
調査員の配置をするだけではなく、履歴管理も行え、次回調査にも有効に活用ができます。

調査区の修正

調査区の修正も簡単に行うことができます。
後から調査区を修正する場合、また地図台帳から地図をコピーし、貼って…という手間のかかる作業も、画面上で行うことができ、後からの修正も簡単に行うことができます。

地図の印刷

調査員配布用地図印刷

調査員に配布用地図を簡単に連続印刷をすることができます。
また、調査区の形を判別し、連続印刷で自動回転し、適切な方向での出力を行います。
自動で地図の印刷を行ってくれるので、コピー機の前で、配布用の地図をコピーし制作するのに悪戦苦闘をすることがありません。

要図自動引出し図(山間部のみ)

山間部を有する調査区については、調査区全体の要図とともに、住宅地付近のみを拡大した別紙の要図が自動で印刷されます。
自動で地図の要図が印刷されるので、調査結果の記入漏れがありません。

製品デモ動画

データの取込みから調査区の修正・要図の作成から調査員の配置まで一連の操作を動画で紹介します。

【00:39~】データ取込機能
【01:43~】調査員配布地図・要図作成機能
【05:37~】調査区修正機能
【06:48~】調査員配置機能
【09:30~】その他の機能

導入実績

都道府県 2都市
政令指定都市 4都市
中核市 10都市
特例市 12都市
その他都市 119都市
147都市

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら電話でのお問い合わせはこちら