車の位置が「一目瞭然」

システム概要

今どこにいるのかすぐわかる!

どんな車両にでも搭載でき、搭載した車両が今いる場所を、地図を見ながら視覚的に把握することができます。
また、スクールバスなど利用者がいる場合、バスの遅延情報などをスマートフォンやパソコンでお知らせすることができます。

特長

車両の位置が一目瞭然

搭載した車両がどこを走行しているのか地図を見ながら視覚的に把握できます。
また、スクールバスなどに搭載の場合、渋滞や事故などでの到着時間の遅延を利用者に伝えることができます。
オプションでバスが接近したことを事務所にお知らせする機能もあります。

緊急の連絡がすぐにできる

車両と事務所の間には業務無線(IP無線)が搭載されております。
ですので、緊急事態時に一斉に連絡することができ、災害時に有効です。また、緊急時に最適な車両をすぐに選択することもできます。
もちろん個々の車両ともいつでも連絡をすることもできます。

どんな車両にも搭載可能

車両の種類を選ばないので、どんな車両にも搭載することができます。
送迎バスはもちろん、救急車や消防車のような車両にも搭載することができます。

導入メリット(使用例)

スクールバスなどの送迎バスに搭載の場合

運行管理が簡単

バスの運行状況や位置情報を、地図を見ながら把握できます。
出発前に車両ごとのコース選択や走行ルートなどの指示もわかりやすくできます。
誤運行や事故の防止をサポートします。
また、緊急対応時にもっとも最適な車両をすぐに選択できます。

接近情報をお知らせ

バスの接近情報を利用者にお知らせすることができます。
利用者は利用するバス停を登録することにより、利用バス停付近になるとバスの接近情報をメールでお知らせすることができます。
もちろん乗車予定のバスがどこを走行しているのを、スマートフォンやパソコンなどで簡単にチェックすることができ、利用者のバスの待ち時間を短縮させることができます。

システム構成

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら電話でのお問い合わせはこちら