バス会社のこんな課題を解決します!

  • 労働人口の減少


    ダイヤ改正のたびに時刻表を人海戦術で張り替えているが、人員の確保が非常に困難になってきている。

  • 深夜作業
    危険を伴う作業

    時刻表の張り替えはお客様のいない深夜に実施。
    災害時などのお知らせも、
    人の手によって張り出しに行かなくてはならない。

  • 顧客満足度の
    低下

    バスの遅れ情報や
    運休情報は実際にバスの運行を目にしなければ分からない。
    バス停は多言語化されておらず
    外国人旅行者にとっては不便だ。

システム概要

スマートバス停とは

スマートバス停とは、IoT化されたバス停の事であり、
デジタルサイネージなどに時刻表や運行情報は勿論、その他の告知文や緊急案内、広告などを遠隔操作でリアルタイムに提供することができます。

紹介動画

特長

時刻表作成と張り替えのための人員を最小限化

今まで手作業で作成していた時刻表をGTFSから自動作成し、手元のPCから各バス停に配信することができます。
運休などのお知らせ情報も配信可能になり、人海戦術によるバス停掲示物の張り替え作業に悩まされることは無くなります。

深夜の張り替え作業、災害時の張り出し作業をゼロ

作成した時刻表やお知らせの書き換えを予約することができ、深夜に行っていた張り替え作業をゼロにします。
災害時に行っていたお知らせの掲示作業も手元にあるPCから行うことができ、危険を伴う地域での作業をゼロにします。

顧客満足度の向上

バスの遅れ情報や運休情報、お客様のニーズに合わせたダイヤもすぐに反映でき、バス停を見るだけで運行情報を知ることが可能になります。
また、紙媒体と比較したときの大きなメリットは多言語での表示切替ができることです。インバウンドにも優しい社会に貢献します。

クラウドサービス全体のイメージ・ラインアップ(一部)

よくある質問

Q.一般的なバス停より高価ではありませんか?
A.確かに、機械であるため高価です。
そこで、バス停に広告を表示して本体代を稼ぐというビジネスモデルを提案しています。
広告掲載数・掲載年数に応じてより安く、そして収入へつながります。
また、深夜に人海戦術で行っていた時刻表の張り替え作業のコストを削減することができます。

Q.電源・インターネットの工事ができない土地では設置できませんか?
A.工事不要で設置できます。
ソーラー発電を利用することで電源工事は不要になり、無線通信を利用することでインターネット工事は不要になります。工事ができない土地にも設置可能な筐体タイプも扱っています。
バスの事業者様から、ソーラー発電でのバッテリー駆動では不安ですという声がよく寄せられますが、スマートバス停は無発電の状態で10日間動作します。 過去10年で日照がなく発電不可能な連続日数は7日間となっているため、これらの問題は統計的にクリアしています。

お問い合わせ

メールでのお問い合わせはこちら電話でのお問い合わせはこちら