ヒヤリハット情報収集分析システム

「ヒヤリ!!ハッ...」っとする状況「ヒヤリハット」、
そんなシチュエーションをみんなで共有!
システム概要
交通事故が内部で問題になっていませんか?
業務において車両を使用する場合、どうしても交通事故が問題となってきます。
交通事故発生の一歩手前である「ヒヤリハット」の状況を、車両の挙動をモニターすることで随時集計し、「ヒヤリハット」が発生しやすい場所での注意喚起を促します。
これにより危険な交差点等の情報を共有すると共にドライバーの意識も向上し、事故の発生を抑えます。
特長
車両の挙動を監視し、急ブレーキ時の情報をセンターへ送信します
機器構成
  • 魚眼レンズ
  • 画像収録装置
  • Gセンサー
  • 通信機器
  • Webサーバ
  • データ蓄積用サーバ

データセンターに蓄積されたデータは、インターネット経由でブラウザを利用して情報をリアルタイムに取得できます。
機能
機能一覧
情報通知機能
  • 扉開閉情報通知
  • 通過押し釦情報
  • GPS情報
  • ヒヤリハットポイント接近表示
    目的地までにヒヤリハットポイントが存在すれば、モニタに表示して通知
データ通信機能
  • データ送信
    • 魚眼映像
    • 走行速度
    • 緯度・経度
    • 時間
  • インターネット情報配信
カタログ
関連商品
パンフレットをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。
Adobe Readerをお持ちでない方は下記のAdobe Readerダウンロードサイトからダウンロードしてください。