トップ > 製品・サービス情報 > 電子ファイリング > 訪問看護-診療情報閲覧システム

粗大ごみ収集受付システム

モバイル端末で訪問診療時に簡単閲覧!

高齢化社会が進む現在、通院による患者様の身体的負担軽減と
即時診療対応を可能とすべく『在宅診療』が推進されております。
しかしながら、在宅診療時における『患者様の診療情報の参照』については
まだまだ課題があります。
システム概要
患者様診療データをモバイル端末で持ち出し
院内に保有する患者様のデータをモバイル端末などに取り込むことで、インターネットなどの通信回線の無い在宅診療先でも、患者様の診療情報を参照・記録することができます。 診療終了後は診療記録を持ち帰り、院内の患者様診療データに記録することで、データを更新することができます。
特長
「誰でも」「簡単に」「どこでも」使える
ユビキタス社会となっている今、インターネットに繋がらない環境へのサービスが取り残されつつあります。
「ぽけカル」を使って、そういった方々へのサービスも充実できます。
簡単オペレーション
シンプルな設計で使いやすく工夫しており、単純な画面・機能で誰でも簡単に直感的に操作をすることができます。
モバイル
インターネット回線が利用できない環境でも、診療情報を閲覧できるように紙媒体の記録と、電子カルテデータをイメージとして、モバイル端末に格納するので、離島などの環境下でも診療に利用することができます。
汎用性
基幹システム(電子カルテ等)からの連携表示が可能となっており、イメージも閲覧可能です。また、他病院のデータも取り込み可能で、データの連携を行うことができます。
一括管理
手書き記録と電子情報を一括管理します。デジカメ等のイメージデータも取り込み可能です。また、様々な資料をまとめて閲覧できます。
容易なデータ登録
スキャナを利用して書類をイメージデータとして取り込み、管理できます。 バーコードによる自動仕分け等、手作業を軽減する工夫が盛り込まれています。
セキュリティ
ユーザー認証や権限の設定によりセキュアな環境を構築します。また、タブレットには画像ファイル自体も暗号化して格納しますので安全に持ち運ぶことが可能です。
導入効果
システムの導入効果
院内
  • 過去の紙カルテの電子化により容易に参照可能
  • 保管スペースの削減と記録の長期保存
  • 紹介状・同意書等の文書類の管理
  • 在宅診療用タブレットへ診療情報を同期
  • BCP対策の環境を構築
在宅診療先
  • ネットワークに依存しない診療情報の閲覧が可能
  • ネットワーク遮断時でも診療が可能
  • 紙カルテ紛失による個人情報漏洩のリスク回避
その他のオプション機能
スキャニング
スキャナーまたは専用スキャナだけでなく、複合機の利用も可能です。
また、スキャニング作業代行サービスも提供しています。
(※詳しくは電話・メールにてお問い合わせください。)
電子ペン連携
電子ペンを利用して、紙に書いた文字をそのままデータとしてPCに取り込むこともできます。
Bluetooth接続によって、煩雑な操作も不要となり、専用の用紙への記入時にワンタッチで情報を送信できます。
訪問先情報の収集
患者様のところで入手した情報(処方箋情報など)をタブレット端末に入力して持ち帰り、サーバーとデータ連動することで訪問先情報の管理が行えます。
パンフレット
関連商品