トップ > 製品・サービス情報 > 運行安全管理 > 運輸安全マネージメント:点呼・健康管理システム

運輸安全マネージメント:点呼・健康管理システム「点呼・健康:ご安全に!」

【トピックス】
平成28年度事故防止対策支援推進事業(社内安全教育の実施に対する支援)について、弊社の「点呼・健康:ご安全に!」が国土交通大臣認定のコンサルティングメニューとして採用されました!
是非、この機会に導入のご検討をお願い致します。


国土交通省 事故防止対策支援推進事業外部リンク
客観的判断で乗務員の健康管理を実施。
乗務員の健康に起因する事故を未然に防ぐ一助になれば。
近年、乗務員の健康状態に起因する事故が多数発生しており、乗務前に行われる始業点呼の重要性がより一層高まっております。運輸安全マネージメント:点呼・健康管理システム「点呼・健康:ご安全に!」では、これまでの主観的な始業点呼とは違う、客観的な点呼を可能にします。
システム概要
業界初!タブレット端末と体温計・血圧計・血糖計を自動連携!
客観的な点呼を可能に!
「点呼・健康:ご安全に!」では、まず乗務前に各乗務員が体温計・血圧計・血糖計で健康状態を測定します。これらの測定値は、ICカードリーダーを通して、改ざん出来ない状態で運行管理者に転送されます。運行管理者はその測定値をもとに、各乗務員に沿った点呼指導を実施し、事故の抑制に努めます。
また、乗務員のデータや日々の健康データはデータセンターに保存されます。



特長
運用管理もラクラク!
  • 免許証による個人認証で、免許証不携帯・更新忘れを防止します。
    システムログイン時に免許証のIC機能を利用することにより免許証不携帯や免許証更新忘れを防止します。




  • 健康状態を見える化し、乗務員の健康状態を客観的に判断できます。
    健康状態を各自の体感ではなく、体温計や血圧計の値といった改ざんできないデータで「数値化」することにより、客観的な体調管理と、履歴との比較を可能にします。




  • 国土交通省『事業用自動車の運転者の健康管理マニュアル』に準拠した質問を搭載しています。
    国土交通省から推奨されている、点呼時に必要な7つの確認項目をタブレット端末で簡単にシステム入力します。




拡張機能
アルコールチェッカーと連動
上記の健康データの入力に加えて、特定のアルコールチェッカーによる判定結果を連携することができます。これにより、乗務員の体調とアルコール検知結果を一元的に管理することが可能となります。
また、アルコールチェックを行っている時の写真を撮影しデータで保存することで、きちんと乗務員本人がチェックを行ったか確認することができます。



お客様の声
ワンタッチで簡単に操作!
指先ひとつで操作可能。
キーボードを使用しないため、機械に詳しくないドライバー様にも安心してご利用いただけます。
撮影:両備バス 岡山営業所


点呼時のコミュニケーションup!
これまでの点呼では目に見えなかったドライバーの体調も、入力された情報を見れば一目瞭然。
より親密な対面点呼を行うことで、更なる安全運行をサポートします。
撮影:両備バス 岡山営業所
カタログ
お問い合わせ
<岡山本社> 
〒702-8006  岡山市中区藤崎564番の5
電話番号 086-200-1155 FAX番号 066-200-1260
担当:谷口(たにぐち)、佐々木(ささき)
<東京支社> 
〒108-0014  東京都港区芝5丁目33番1号 森永プラザビル本館16階
電話番号 03-3769-7825 FAX番号 03-3769-7827
担当:橋本(はしもと)、近藤(こんどう)、藤田(ふじた)
<大阪支社> 
〒532-0003  大阪市淀川区宮原三丁目5番36号 新大阪トラストタワー16階
電話番号 06-6394-1260 FAX番号 06-6394-1261
担当:戸田(とだ)、木本(きもと)
メールによるお問い合わせはこちら
パンフレットをご覧になるには、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Readerが必要です(無償)。
Adobe Readerをお持ちでない方は下記のAdobe Readerダウンロードサイトからダウンロードしてください。